高知日本香港協会
会長挨拶

会長 森本 麻紀

平成28年6月1日、四国初となる高知日本香港協会が設立され、2年目の平成30年6月、前小川会長から引き継ぎ、新会長を拝命致しました。
香港は、中国への自由経済の為のゲートウェイでもあり、アジア各国、地域はもちろん、中東やヨーロッパにも繋がりを持つことができる金融や商流物流の要所です。世界経済のプラットホームともいえる香港は、今後の海外戦略の中では極めて大切な地域と言えます。高知新港を今後さらに活用し、高知のみならず四国全域で香港との結びつきを強めることは、今後の四国の経済や文化の発展において非常に重要なチャンスとなるはずです。
また、香港は、世界の人口密度ランキングでは第2位。 非常に狭い国土でありながら「世界有数の金融大国」としても知られ、その「経済自由度数」は世界No.1。高知日本香港協会と致しましては、香港の魅力と四国の魅力を繋げられるよう、さまざまな企画を通して、サポートして参りたいと思っております。

高知日本香港協会
会長 森本 麻紀

概要

設立:2016年
平成26年4月以降、香港貿易発展局(大阪)の指導を受けながら、高知で香港に商品を輸出している方々と、相談等打ち合わせを重ねていた。更に、5,6名の有志が会合を積み重ね、準備を進め平成27年8月26日には、香港貿易発展局 古田前首席代表に高知を訪問していただき、高知県尾崎知事や高知商工会議所会頭、県議等と懇談していただいた。
東京の原田理事長にも多大なご支援をいただき、当日夕刻には29名で、設立準備懇親会を開催した。
その後、窓口である、香港貿易発展局(大阪)の、伊東所長、田中次長のご支援を頂きながら、準備を進め、平成28年6月1日に設立総会を開催した。総会後の懇親会には、各界の皆様67名のご参加をいただいた。

主な事業
  1. 香港貿易発展局との連携により、香港をプラットホームとする海外ビジネスの課題解決・ビジネス機会の提供・情報交流
  2. 農産物や食品など高知県の特産物の輸出促進・拡大
  3. 人的交流の促進と相互の観光旅行等の推進
  4. 有益なビジネスセミナーの開催、香港フォーラムへの参加
    関係団体との交流・各地域の香港協会との連携
  5. 日本香港協会発行の機関誌「飛龍」の配布
▼ 連絡先
高知日本香港協会 事務局
〒780-0842 高知県高知市追手筋2丁目6-9大手門ビル3階西
株式会社オルトル内
TEL:088-855-9570
FAX:088-855-9571

パートナー:香港ビジネス協会世界連盟香港貿易発展局香港経済貿易代表部香港政府観光局